手作り品や雑記などなど「はじめに」を必ずお読みください。


by kumaneco_z

ヒーローのなぜなに(修正版)

好きな作品なのに、映画のタイトルの間違いがあったので
一部修正、加筆しました(2012.7.30)
============================

昨日公開の映画「ダークナイト ライジング」を
観てきました。
すごく面白かったです!もう一回観たい…ッ!!
(というか、情報が整理できない 笑)

何だかんだバットマンシリーズは好きで、
前作の「ダークナイト」や「Mr.フリーズの逆襲」など
観てました。
「ダークナイト」観るまでは「バットマン リターンズ」が
一番好きでした。ペンギン男に何度泣かされたか…

アクションやメカなど見るとワクワクが止まらないのは
男脳だからでしょうか(^^;)
いい加減大きくなった(笑)にも関わらず、
特撮ヒーロー(K面Rダーとか○○戦隊とか)が未だに好きです。

だからこそ、ヒーローとしての在り方がとても気になりました。

バットマンはいわゆる「ダークヒーロー」で、法で裁けない悪を抹殺します。
ただし抹殺とはいっても、基本武器をもって殺しにいくのではなく、懲らしめるのが目的です。
(色々あって結果悪役が死ぬ事が多いですが、バットマンが殺意を持っている訳ではありません。)

ここが大事なのですが、「悪者が何か悪い事をした(先に手をだした)、または企てている」
から戦うのであり、それは「弱き(市民)を助け、強き(悪)を挫く」ためです。

一方現在放送中の宇宙ライダーは、丸腰の、攻撃もして来ない敵(※)に
えげつないまでのフルボッコ攻撃
をしました。
しまいには周りで戦いを見守るライダーの仲間たちは、「弱っているぞ!」
などと囃し立てる始末。
(※その敵はライダーの友達と瓜二つに化けた怪物なのですが、
敵の罠で本物の友達にすり替わっており、気づかないとはいえ
その子をボッコボコにしてしまったのです)

後にそれは誤解であると分かるのですが…
あろうことかその友達に謝りもせず、かつ攻撃してしまった事に苦悩しないヒーロー(と一部の仲間たち)にア然としました。
それ、ヒーロー以前に人として駄目だろ!!!!
世の子ども達はどんな気持ちで観たんだろう…

ハリウッドと日本の特撮を比べるのは酷ですし、
ましてや映画とおもちゃの宣伝番組とではジャンルが違いますが、
だからこそ、B社、T映にはもっと内容を吟味して放送して欲しいと思いました。
かかってるお金が違うとはいえ、公衆の面前に出すからには
作り手の責任って大きいと思うんですよね。。

ちょっと真面目なひとりごとでした(^^;)

とにかく、「バットマン ライジング」おすすめです!
私のように「ダークナイト」を観てからでも楽しめますが、
その前の「バットマン ビギンズ」も観てからの方が
もっと面白いかもしれません♪

↑そう思って、観た事がない「バットマン ビギンズ」を
借りに行ったら 全 部 貸 出 中 ……
うっうっ(TωT)
[PR]
by kumaneco_z | 2012-07-28 21:13 | 雑記